真性包茎と嵌頓包茎

男性特有の悩みに包茎があります。

よく、日本人の6割は包茎である、などの言葉を聞くことがあると思いますが、その多くは仮性包茎と呼ばれる状態です。陰茎の皮をむき、亀頭を露出させることはできるが、皮がある程度余っている状態のことです。
したがって、皮をむいた状態にすれば、衛生面でも、性交渉の面でも、大きな支障はありません。

日本人の6割などと言う場合、その多くは仮性包茎であるのです。
ただ、これが別の種類の包茎、仮性と比べると程度の重い包茎となると、実生活に支障をきたす可能性があります。
程度の重い包茎としては、真性包茎があります。

こちらは、分かりやすく言えば、性的な面での成熟が訪れても、皮がむけない状態の陰茎を指します。
真性と言うくらいですから、仮性とは異なり、むくことができないのです。

皮がどの程度かぶっているかにもよりますが、性交渉ができない場合もあります
人間にとって性交渉が出来ないのは非常に大きな問題です。

また、真性包茎の一種に、嵌頓包茎というものがあります。
こちらは、真性包茎の状態の陰茎の皮を、無理にむくことが原因となります。
真性包茎は皮が余っていることに加え、皮の先の口が狭いことにも起因します。

皮の口が狭いのに無理にむくと、むいたはいいが、亀頭の根元で皮がひっかかってしまいます。
そのため、血行不良などを引き起こし、重大な問題を起こす危険があります。
嵌頓包茎は程度の差こそあれ、そのような大きな問題を抱えています。

真性包茎にしろ嵌頓包茎にしろ、悩みは同じですし、実生活の上で支障をきたします。
まずは専門医への相談が必要でしょう。

キーワード:

このページのトップへ