包茎と包皮の状態

包茎の種類包皮の状態によって変わります。

包茎と言えば、陰茎のうち、亀頭の部分に常に皮がかぶさっている状態のことを指します。
ただ、仮性包茎とその他の包茎の区別がはっきり認識されていないため、世間的には包茎という言葉の定義はあいまいになっています。

よく、日本人の大部分は包茎と言いますが、その場合は仮性包茎を含めて、すべての包茎についての説明になります。また、手術が必要と言う場合でも、実生活での支障を取り除くための手術から、より好ましい状態を求めての手術もあります。

実生活で支障をきたすのは、真性包茎と呼ばれるものになります。

このように、包茎にはポピュラーなものでもいくつか種類があります。
その違いは最初にも言った通り、包皮の状態になります。
包皮が亀頭の根元までむくことができるが、皮がいくらか余る状態があります。
そのような陰茎は、仮性包茎と呼ばれます。

むくことができるので、性交渉や衛生面において大きな問題はありません。
ただし、多くの方は仮性包茎であるので、入浴の際などに体の他の部分と同じように、清潔にすることが必要になります。

包皮が途中までしか向けない状態、もしくは全くむけない状態は、真性包茎と呼ばれます。
見た目としては仮性包茎と変わらないのですが、真性包茎の場合は皮をむくことができません。
したがって、性交渉衛生面で支障をきたします。

年齢が若いうちならば、徐々にむいていくことで改善されますが、場合によっては手術などが必要になります。
程度がどのようなものであろうが、まずは専門医に相談するのが安全で確実でしょう。

キーワード:

このページのトップへ