包茎と亀頭の露出

包茎は男性特有の体の悩みとして知られています。

包茎はマイナスのイメージがあり、男性にとっては自尊心が傷つくようなデリケートな問題でもあります。
それに加え、実際的な問題も起こります。
主に衛生面や性交渉の際に支障をきたすことになります。
なぜなら、程度はどうであれ、包茎の方はそうでない方に比べ、亀頭皮がかぶさっていることになります。

仮性包茎の方でも、基本的に皮がむけていても、ちょっとした拍子に皮がかぶさることも少なくありません。
感覚や経験からわかると思いますが、体の他の部分を見ても、常に空気に触れている部分と、そうでない部分とでは、汚れ方に差が出ます。
当然ながら、構造や位置的な理由から、空気に常に触れているわけではない部分が、汚れが溜まりやすくなります。

包茎が問題なのは、亀頭が露出しているか否かの問題なのです。
例えば、へその中とその周辺とを比べてみましょう。
当然ながら、へその中の方が汚れやすいでしょう。
へそごまと呼ばれるような垢や汚れが溜まるくらいですから、わかりやすいでしょう。

亀頭の露出の話は、これと似たところがあるのです。
へそも実は、粘膜組織であり、表面の状態としては亀頭と似ています。
包茎の治療法などは、亀頭の露出度合によってかわります。

ほとんどの部分が露出していれば、自力で解消できる可能性があります。
ただ、ある程度の年齢になっても、皮が完全にかぶっているようなら、自力での解決は難しいでしょう。
手術などによる処置が必要になります。

キーワード:

このページのトップへ