包茎を直す方法

包茎を直す方法と聞くと、手術を思い浮かべる人も多いでしょう。

確かに、手術は確実であり、それほど危険性もありません。
しかしながら、手術がどうしても必要な包茎とは、症状がかなり重いものに限られます。

包茎の方の多くは、仮性包茎です。
陰茎の皮はむくことができるが、皮が余っている状態のことを指します。
仮性包茎の場合でも手術が必要な場合、もしくは手術した方が良い場合があります。
ただ、民間療法ではないですが、自分の力で無理なく治す方法があります。

仮性包茎を直す方法は、どのようなものがあるでしょう。
それには、今一度、仮性包茎の状態について考える必要があります。

先ほども言いましたが、仮性包茎は皮が余っているだけなのです。
そして、仮性包茎で問題なのは、普段皮がかぶっていることで、衛生面の問題があったり、あるいは亀頭が刺激への耐性をもちにくく、性交渉の際に早漏などの問題を引き起こす点にあります。
ですから、治療方法としては、皮を露出したままにする癖をつけることになります。

具体的には、一日の中で、お風呂に入った際や、トイレに入った際を利用し、皮をむく癖をつけることです。
そして、なるべく皮をむいた状態のままで、一日を過ごすようにしましょう。
多くの場合、亀頭が痛みを感じることは無いので、くせを付けるだけで十分に治る可能性があります。
仮に痛みがあったとしても、よほどひどいものでない限り、数日で慣れてきます。

痛みが消え、皮がむける癖が付き始めたら、完治はもうすぐそこです。

キーワード:

このページのトップへ