包茎の治療

包茎の治療には、どのようなものがあるでしょう。

多くの人が考えていることとしては、手術があるでしょう。
確かに、包茎を安全に、そして確実に治すには、手術が最適です。
精神的にも肉体的にもデリケートな部分を扱うので、相談には抵抗があるかもしれませんが、最近は専用のクリニックもあり、世間的な認知度も高いため、それほど気にする必要はありません。

ただ、手術が必要なのは、症状の重い包茎の場合と、あとは好みの問題です。
手術が必要のない包茎でも、精神的な部分で劣等感などを持つひともいるので、その際には手術でよりよい状態にするというわけです。

包茎の治療には、自分でできるものもあります。
包茎の多くは仮性包茎であり、仮性包茎はちょっとした努力で直る場合が多いのです。
仮性包茎は皮が余っているだけですから、要は皮がむける癖をつければいいのです。
よほど皮が長くない限り、あるいは痛みなどが無い限り、皮をむく癖を付けて行けば、習慣で改善するでしょう。

だた、自分で行う治療法には注意が必要です。
包茎の状態に慣れていて、亀頭が露出したことで痛みを感じることもあります。
この痛みは、ある意味誰もが経験する痛みですがその度合いがひどい場合は無理に皮をむく必要はありません。

不安がある場合や、痛みや違和感がある場合は、専門医に相談するのが一番です。
適切な治療をしてくれます。
また、医療機関ならば、仮性包茎はもちろん、真性包茎嵌頓包茎など、症状の重い包茎にも対応してくれます。

何よりまず、安全な治療法を見つけるのが大切です。

キーワード:

このページのトップへ