包茎の手術

包茎の治療法と聞いて、手術をイメージする方も多いでしょう。

もちろん、包茎の確実で安全な治療法として、手術は有効です。
ただし、すべての包茎に手術が必要と言うことはありません。
これは他の病気などと同じでしょう。

薬で治すこともあれば、生活習慣を改善して直すものなど、治療法はたくさんあります。
その中でも、症状が重いものに施される治療法が、手術となるのです。

包茎の治療に関しても同じことが言えます。
ただ、もちろんですが、手術の方法にもいろいろな種類があります。
包茎の手術のうち、最もポピュラーな仮性包茎について見ていきましょう。

仮性包茎は軽度のものも含めると、かなりの数の人があてはまります。
ただ、その多くは手術なしに、問題なく生活しています。
それからもわかるように、仮性包茎には基本的に手術は必要ないのです。
ただ、安全で確実な方法であり、治療後は様々な面でプラスがあるので、必要性に比べて、手術する割合は高いと言えるでしょう。

基本的に、手術の目的は余った皮を切ることにあります。
その上で、皮を縫い付け、接着させることになります。
手術によって変わるのは、切除する位置です。
簡単に言えば、亀頭のすぐ下を切除するか、陰茎の根元を切除するかになります。

切除する位置が違えば、手術後の扱いが変わってきます。
亀頭の根元ならば、手術後は排尿以外は基本的に陰茎を触らないようにします。
当然ながら、各種の性行為は禁じられます。
禁じられると言うより、痛みに耐えられず不可能でしょう。

しかし、根本部分の切除ならば、比較的扱いは楽です。
失敗も少ないでしょう。

キーワード:

このページのトップへ